2012年1月29日日曜日

可能性は無限大

いよいよやってきました。エントリーシートと格闘するこの季節。

個人的にはエントリーシートで学生にかかる時間的負担を考えると
もっと他の手段で企業にも学生にも双方にメリットがあるものが
できるといいのになと考えてしまったりします。

とは言え、文章に書いて人に伝えるというのは大変なことだからこそ
自分と向き合うには良いと思うし、何かを見つけるきっかけになれば。

最近になってOB訪問の依頼が来たり、就活生と話したりする機会が
増えてきたので、そこで自分が感じたことや思ったことを書きます。

「就職活動を行うことは選ばれたものであるかどうか」

この点を考えずに自己分析という作業に入っている人が意外と多い。
選択肢って実は本当にたくさんあって、見てその上で他の道を断つ
というプロセスがあると、捨てる覚悟が推進力になって強い。

「何をしたかよりも、なぜ、どのようにを伝えられるか」

エントリーシートを見せてもらうと、学生時代に取り組んだことを
一生懸命書いていて、限られたスペースに入り切らないほど。
ただ、もったいないなーと思うのは思いの源泉や気付きが見えなくて
うまくふれることができていない場合もあることです。

いや、これはエントリーシートのテーマと与えるスペースを決める
企業にも考えて欲しい点で、そのお題にこれだけのスペースという
のは酷だろうと思うこともしばしばあります。

「自分の好きを語り、面接官の好きを引き出せるか」

これは実際に自分が面接官をやった時に感じた印象です。
個人の感性もあるので、正解とかそういうことではないんだけど、
面接官も会話を楽しみたい。だから好きなことを話してもらうと
引き込まれるし、自分も話したくなるもの。

思いを互いに話せる人とは一緒に仕事したいって感じやすいはず。

こういう風に書くと、就活をうまくやる方法があるみたいに
なってしまうかもしれないけど、伝えたいことはそうではなくて。

今しかできないこと、一番気持ちこめて取り組んでいることを
大事にして欲しくて、それがきっと人をひきつけると思います。

それにしても就職活動のエネルギーってすごい。本当すごい。
気合いを入れて受けて立たないと、ちゃんと応えられない。
だってみんな本当に無限の可能性があるから。

もとい、何も学生に限ったことじゃないんですよね。
いつでも踏み出した方に道ができていくことは忘れずにいたい。

2012年1月22日日曜日

A New Age Has Begun!

雨のち晴れの誕生日。今日から新しい一年が始まる。

昨日は一日早く友人達に祝ってもらいました。

集まってくれたメンバーとは一年前にはまだ知り合ってなくて
それでもずっと一緒にいたような不思議な感じがしたなー。

大切なものを去年からの365日でたくさん得られたと実感。

Facebookでもコメントをたくさんもらって本当にうれしいです。

ありがとうございます!

人と人がつながって、結びついて、大きな力になっていく。
最近、2年前位からかな。すごく実感することが多い。

点と点が線になり、面になり、そして球になるイメージ。

だからどこにいても、目の前の人を通して世界の広がりを
感じることができるってことなんだろうな。

どんどんおもしろい地球に。

感謝の気持ちとこれからの抱負を、以下の歌にのせて。
ラグビーワールドカップのテーマソングです。

"WORLD IN UNION '95"

私には大きな夢がある とても大切なすばらしい夢
国々が互いに結びついて ひとつの世界になること

あらゆる人々が手をたずさえ ひとつの思いひとつの心に
すべての信条すべての肌の色が 垣根をこえてひとつに集まる

自らの可能性を探りながら それぞれの力を発揮していく
勝っても負けても引き分けても みんなの心に勝者が宿る

世界の国々が互いに結びついて ひとつのゆるぎない世界に
運命をつかもうと努力するなら 新しい時代がひらけていく

険しい山を越えようとも 荒々しい海を渡ろうとも
いつか来る輝かしい日のため 誇りを持って進んでいこう

持てる力をすべて出しきり 共にゴールをめざすなら
勝っても負けても引き分けても みんなが勝利を手にする

世界の国々が互いに結びついて ひとつのゆるぎない世界に
運命をつかもうと努力するなら 新しい時代がひらけていく

世界の国々がひとつになって 新しい時代が始まる

2012年1月17日火曜日

近すぎて見ていないモノ

17年前のこと。この日のことも忘れることができない。

1995年1月17日。

大きな地震があって、その日地震とは関係ないんだけど
ケガをして、生まれて初めて松葉杖を使うことになった。

歩いたり走ったりすることができないわけなので、
今まで当たり前のこととして日々意識しなかったことについて
突然とてつもなくありがたいことに感じられたことを覚えてる。

人間は灯台じゃないので、真下にあるものでも光を当てられる。

空気を吸うことも、明るさを感じることも、声を届けることも、
普段努力をして行ってるわけじゃない。

でも。
何も考えずにできていることが、かけがえのないことだったりする。

だから。
自分にできないこと、持っていないことに思いを馳せるのではなく、
今の自分にできること、残されて受け継がれたものを見直そう。

過去の事実は変わらなくても、自分の受け止め方や
経験としての意味はいくらでも変えることができるわけだし。

17年前の自分は、今こうやってその時を思い出している自分を
どんな風に想像していたんだろう。混乱して眠れなそうだ。

そうそう、眠れることって本当に素晴らしいな。

2012年1月16日月曜日

認められて見出す個性

「おまえは、いいフランカーになりそうな気がするんだ」。

渡部監督の言葉をよく覚えている。納得いかなくて理由を聞きに行った時のこと。

高校一年生、上級生に誘われて一橋大学のラグビー場に行った。

楕円球を扱うのが新鮮で、同級生もほとんど初心者で。
コーチの大さんは、英単語を織り交ぜながらやたら褒めてくれる。

その時の感覚を忘れないように、アゲイン・アゲイン・アゲイン。

そして、ゴールデンウィークが明けた頃だったかな。
一年生のポジションをFW・BKに分ける日がやってきた。

その前に自分がやりたいポジションについて作文を書いて提出。
自分が書いたのはBK、特にウイングがやりたかった。

ラグビーのポジションについて簡単に説明すると、
FW(フォワード)はスクラムを組んだり、ボールのある所に集まって
常に敵味方と接触しているポジション。
BK(バックス)は密集の後ろに広がってボールをパスしたりキックしたりして
前に進もうとするポジション。

華奢な高校一年生の自分は、まさかFWになるとは思わずに、
先輩たちの試合でもBKのプレーばっかり目で追っていた。

でも、言い渡されたのはFW。「えっ?」なんでだろう。

そして、練習が終わってから監督に話しに行ったんだよなー。

FWにしたのは、いいフランカー(FWのポジションの一つ)になりそうだから。

そう言われた時に、あっさりと納得したというか、やってみようって思った。

フランカーの練習はけっこうきつくて、一番走力を求められるし、
大抵どこもエース級、体が強いNo.8の突進を最初に止めにいかないといけない。

それでも、高校3年生になって春の大会の頃にはフランカーの楽しさを知って、
ボールのある所に少しでも早く速く行こうと走りまくってた。

結局自分にどのポジションが合っているかって、なかなかわからない。

やっていく中で、ちょっとずつ認めてもらって自分で受け入れて、
もっとうまくなりたいと思って、の繰り返し。

誰だって、自分が一番得意で力が最大限発揮できるポジションをやりたい。
でも最初は何が得意なのかさえわからないから、信じてやってみるしかない。

そして、高校3年生の夏前には当初の希望だったウイングへコンバートされた。

その時はフランカーの仕事をもっと深めたいって思ってたんだけど、
立ち位置が変わってもフランカーのように仕事すればいいし、
それで最大限チームに貢献できるのであればそれが一番いいと思った。

あのコンバートは、いいキャリアチェンジの機会だったなー。
視野も広がったし、自分の個性を引き出してもらったような。

この話、何で突然これだけ鮮明に思い出したかっていうと
最近就活生の相談に乗ることも少し増えてきて、自分の中でつながったから。

スポーツもビジネスも、自分でいくら得意とかうまいとか思っても
人に認めて評価されてやっとわかるもの。

選んでくれた人の言葉と、決断した自分を信じてやってみるしかない。

自分が初めて進路を選択したのは国立高校に行くことを決めたことで、
ラグビー部も自分で選んで、ポジションは選べなかったけど
なんか初めの一歩はあそこにあるような気がするな。

あのグラウンドに行って、監督に感謝の言葉を伝えよう。

2012年1月8日日曜日

らせんぐるぐる

2012年366分の8日目。今年は2月29日があってラッキー。

昨日は後輩のバースデーパーティーに招待してもらって、
なんと1月生まれってことで早めのお祝いまでしてもらった。

そこでもいろんな人に会って、懐かしい人との再会もあって、
やっぱり人なんだよなーと実感。

主役の後輩も新しいことにチャレンジしてて、ブレない思いがあって、
家族や周囲への感謝を忘れずに、ちゃんと言葉にしてて本当すごいよ。

うん、そうだ。原点回帰だ、と思う今日。(突然だけど)

時々使ってしまう「モチベーションが上がる・下がる」という言葉。

上がるとか下がるとかじゃないんだよね。

少なくともプロであるなら、一定に保つべきものだと思うし、
下げるのも自分だし、上げるのも自分なんだと。

だから、上げるための仕組みや方法を知っておくことが大事。

その一つの手段として目標を持つわけだから、そもそも目標に
振り回されてモチベーション低下というのは本末転倒でしょ。

追われるのではなく、追いかけたいし、
仕掛けられるよりも、仕掛ける心を持っていたいし、
何かをもらうだけじゃなくて、渡せる存在になっていきたい。

だから時々立ち返るための原点、初心を思い出して前に進もう。

イメージはらせん階段。ぐるっと回って同じ位置に戻ってるようで
実はちょっとずつ上がっていける。

そういえば日本ってあんまりらせん階段がないよね。

ヨーロッパに行くと、よくぐるぐるぐるぐる歩いたな。
どれだけ上がったかもわからないし、あとどれだけかもわからない。

着いたかと思ったら、踊り場だったりして。

でも一番上に着いた時、視界が開けて本当に気持ちいい。

そんなイメージで行こう!

それにしても、さっきまで見てた大学ラグビーの決勝戦よかったな。
真っ黒のユニフォームの天理大学を見てたらいろいろ思い出した。

それも大切な原点。そこからどれだけぐるぐる上がったかな。

※パリ凱旋門のらせん階段(2002年撮影)

2012年1月1日日曜日

挑む拓く新世界

元旦の朝。ワクワクするような一年の始まり。

今年のテーマは年末から考えていて、
挑戦と開拓の年にしようということから

「挑む拓く新世界」に決定!

2012年は2010年に考えた3ヶ年計画最後の年。

2010年は可能性を拡げる一年に、
2011年は深め掘り下げ方向性を見出す一年に、
そして2012年、未知の領域に飛び込む。

大好きなワンピースでイメージするとこんな感じ。

イーストブルーを出航した2010年、世界の広さを知る。

グランドラインに突入した2011年、強くなりたい自分に気づく。

2012年は新世界で0から鍛える、今後の自分の基盤を創る。

いよいよきたなーという高揚感、希望でいっぱい。

強い意志を持っていればちゃんと前に進める。

振り返ると今まで人に助けてもらってばっかりだった。
今年もそんな出会いがたくさんあるんだろうなと思う。

ただ、これからは頼るだけじゃなくて自分からも
何かを伝えて渡していけるようになっていきたい。

人に生かされている感謝だけは忘れずに。

ブログをたくさん書こう。新たな発見を忘れないように。

2012年よろしくお願いします!