2010年10月24日日曜日

予想外を楽しもう。

夜が長くなってきました。

秋が深まる、と言いますが何か物事を掘り下げて考えるには
よい時期になってきているような気もします。

なんとなくこのまま年末に突入するのではなく
ジャンプの前に屈むように思考を巡らせて一段高く、
2010年をまだまだ楽しみたいと思います。

昨日の研修では『計画された偶発性:Planned Happenstance』
という言葉について考えました。

スタンフォード大学心理学教授のジョン・クランボルツにより
提唱されたキャリア論です。

ポイントは奇しくもスタンフォード大学でスピーチを行った
スティーブ・ジョブズの『点と点をつなげる』という話と同じです。

—予期せぬ出来事は、キャリアに影響を与える。
—起きた出来事、イベントを最大限利用すること。
—予期せぬ出来事を、わざわざ創り出していくこと。

予期せぬ出来事は突然の変化でもあり、抵抗が生じやすいものです。
それに対して、オープンマインドで学びながら主体的に取り組むことが
チャンスを掴むことにつながるという考え方です。

日々の生活の中においても、仕事においても、意思決定の積み重ねが
今につながっています。

時には失敗したと感じる判断をすることもあるでしょうが、
巻き戻して選び直すことができるわけではありません。
だからこそ、今歩いている道の延長線上を開拓していくことが
思いもよらなかった場所に到達することにつながります。

これはキャリアは計画通りに積んでいくことが基本的に難しい
という立場から論じられています。
ただ、計画をしても無駄というわけではなく、計画通りに進まない
という場合にそれを糧にしていくという考え方を持つことができれば
より多くのチャンスを掴むことができるということなのです。

さらに、予期せぬ出来事は自分からも積極的に創っていくことが
より多くのチャンスに触れるために必要だそうです。

自信を持って、オープンマインドでいきましょう。

2010年10月17日日曜日

「転職活動」から「転職」への確かな一歩

10月、過ごしやすい日々が続いています。

一方で、これから年末、それが終わったら年度末と
下半期は慌ただしい日々が多くなりがちかもしれません。

やることは多いですが、こういった時こそ追われるのではなく
自分から追いかけて、何かを掴んでいきたいと思います。

今日は「転職活動」と「転職」について書きたいと思います。

「転職活動」は応募、選考を受けて内定までの時期、
「転職」は内定獲得後から入社するまでの時期と
二段階のプロセスが存在します。

特に、現職中の方であれば現職を辞めて環境を変えるということが
いよいよ現実として目の前に迫ってくるのが「転職」の時期です。

自分が選ばれるかわからない中、何かを変えたくて、挑戦したくて
応募する以上、誰でも受かりたい、認められたいと思います。

そうして内定を勝ち得た時、自分がなぜそのポジション/企業に
チャレンジしたいと思ったのかということと、
自分の何を認めてもらえたのか、という点を整理することが
一歩を踏み出す上で重要です。

応募する、活動するというそのこと自体にも勇気とエネルギーが
必要なことだと思います。
自分を試すという意味では認められないこともあり、
痛みを伴うものでもあるからです。

だからこそ、「転職活動」から「転職」への大事な一歩は
納得できる状態で、自分の決断で前に踏み出し、
未来を切り拓いてもらいたいと強く思います。

2010年10月3日日曜日

水と緑の国、ラオス。

10月になり、2010年度下半期スタートです。
ラオスから帰ってきたら、突然のように夏から秋になりました。

今日はラオスの旅で撮った、写真をいくつか載せようと思います。
ちなみに写真は全てiPhone4で撮影しました。

メインはラオスの首都ビエンチャンからバスで11時間かかる、
ルアンパバーンという、古都で仏教の中心地。世界遺産です。


修行をしている僧侶が、早朝托鉢に歩きます。



メコン川の夕暮れ。雨季のため水の量は多く、流れも速いです。

また、首都ビエンチャンとルアンパバーンの間にバンビエンという
小さな町があり、そこで自転車を借りて現地の人の生活も覗けました。


ラオスは、アジアの原風景というか、懐かしさを感じる場所でした。

旅では全ての判断に責任を持つということの意味を痛感します。

あの判断でよかったのだろうか、と思うこともありますが
なぜ、それを選択したのか自分の中で受け入れ、消化できるように
日々過ごしていきたいと強く思いました。

そして、また旅に出ます。