2019年1月31日木曜日

ミャンマー入国


大連から北京を経由してヤンゴンへ。


北京発ヤンゴン行きは機体小さく、
ミャンマー行きの中国人はまだまだ少ない
ということを実感。



飛行速度もやや遅め。


夜中にヤンゴンに到着。


空港は大きくはないが、とてもきれい。


そして、、、



2018年10月より日本パスポート保持者は
ビザが不要になったということで、



ビザも入国カードさえも書かずに
パスポートのみで簡単に入国!



入国カードも書かなくて良いというのは
かなり楽。



並んでいる間は、本当にパスポートだけで
OKなのかちょっと不安だったけど。



素晴らしいミャンマー。
歓迎してもらっている感がとてもうれしい。



現地通貨は空港でキャッシング。
タクシーやホテルは米ドル支払いも
可能なところが多そう。



SIMカードは到着時間が遅く空港内の店が
閉まっていたが、街中でも安く購入でき、
お店の人に設定もしてもらえる。



人もガツガツしていなくて、柔らかい感じ。
初日にして心掴まれる。



楽しく過ごせそうな予感。



2019年1月21日月曜日

風に向かって飛ぶカモメ


大連の星海広場へ。


ここの冬は乾いて、冷たい。
強くて身を刺すような風が吹く。




















カモメは風に向かって飛んでいくようだ。



空気の抵抗や摩擦を活かしながら。



舞い上がったら、流れに乗るだけ。





















何かストレスを感じている時は、
きっとその抵抗を活かして違うステージに
上がっていける時。



2019年が始まったけど、
中国は旧正月前の年末ムード。


さて、今週は上海。
何があるか、楽しみ。



2019年1月16日水曜日

出雲大社前スターバックス


1月12日・13日と島根県出雲へ。


出雲大社に行ってみたい、という理由。



雲が出る場所、
そこは龍がたくさん集まる場所に違いない。



東京羽田から飛行機で1時間強。


出雲大社や日御碕など実際に行ってみて
素晴らしかった。



観光地ではないという意味では、
タイトルの通り、出雲大社前のスターバックス
がとても気に入った。


まず、立地が最高なのに混んでいなくて
席を選んで座れる。


和を取り入れた建物、内装になっていて
とても落ち着く雰囲気。


そして、























ちょうど出雲大社の入り口が見える席に
座ると、




















この感じ。




















こんな風に。



世界中で今までに行ったスターバックスの
中でも一番じゃないかな。



もちろん、ちゃんとお祈りも。
何せ、厄年なので。



それだから、行ったわけではなくて
自分の中ではなんとなく呼ばれるような
感覚があって。



祈ることって、自分が求めていることを
言語化することだから、



祈れば、叶う。



というのは、自分がどうなりたいのか
どうありたいのか、を認識することなんじゃ
ないかなと思う。




定期的に祈ることをしていると、自分の
その希望が、祈りの言葉が少し変化している
ことに気づいたりもする。



自分の心の声をよく聞くということ。



正直に、その声を認めてそのために動くこと。



そんな風にしていきたいし、
出雲大社の一番の効能である(と言われている)
縁結び、もちろん良いご縁に恵まれたいし
ご縁を作っていくことを、やっていきたい。



そんな声を聞き、神様に宣言したのだった。



2019年1月12日土曜日

セブで年越し


2019年初の投稿。


書いているのは日本、島根県の出雲から。



年末年始のことをまだ書いていなかったので
そのことから。



2018年の最後と2019年の始まりは
フィリピンのセブ島で過ごした。




普段中国の大連が寒いので、暖かい場所に
行きたくて、
かつ、行ったことのない国で考えたら
フィリピンだったので。



単純な理由。



大連からは、上海を経由。


出発時はセブ周辺に台風が来ていたらしく
フライトが遅れてセブに着いたのは夜中
というか朝、外が明るくなり始めた頃。



セブでは、昼間は森の中の滝に行ったり
ジンベエザメと一緒に泳いでみたり。



ジンベエザメってクジラっぽいけど
やっぱりサメ、魚類最大の種らしい。



セブのオスロブという場所で、ジンベエザメ
とほぼ100%遭遇できるアクティビティがある
というので行ってみると、



たくさん、いるいる。
沖まで行って、ジンベエザメをレーダーかなんかで
探すのかと思いきや、そんなんではなく
ビーチの浜近くまでジンベエザメが大量に毎日
やってくるようで、入れ食い状態。




とはいえ、貴重な経験なのでセブに行ったら
これはやってみていいかと。
























フィリピンは、これといった名物料理はないよう
だけど現地の人はとにかくたくさん米を食べる。



フライドチキンにライス大盛り、とか。
パサパサの白米を手ですくって食べる。



それと、セブにもITパークなるものができていて
基本英語ができることや若い人が多いということの
メリットをこれから活かそうとしているようだ。




年越しは花火と、港の方から聞こえる船の汽笛。
賑やかに。


























初詣にも行ってきた。
キリスト教の教会。




フィリピンもなかなか
これからがおもしろそうだ。



そして2019年の自分も。