2011年4月30日土曜日

虹を渡れ

不思議な力に導かれることがある。

ゴールデンウィーク初日、いわきへ。

何年ぶりになるのだろう。
数回行ったことはあるはずだが、街並の記憶はない。

母は福島いわきで生まれ育った。
高校を卒業して東京へ。
その後、祖父母も東京に来ることになった。

だから、お盆も正月も帰省はしたことがない。

先日祖母が亡くなり、昔の写真を家族で見た。
自分にとって大事な場所であることを実感した。

きっと祖母も、以前に亡くなった祖父と一緒に
いわきに帰りたかったんだろう。

だから、どうしても行かなきゃいけないと思った。

聞き慣れた地名、懐かしさを感じる話し方。
一方で港の近くでは、くっきりと津波の爪痕。

そして雨。

空と山と、大きく半円を描く虹。
ああ、このためにここに来たんだ。

架け橋は、ちゃんとある。

2011年4月25日月曜日

目標という名のコンパス

目標設定は大事です。

それは、自分が決めたものだから。
受け身ではなく、自分がなりたい像を決める。

大学院ではリーダーシップやモチベーションの
研究をしていました。

なぜ興味があったかというと、高校・大学とラグビー部
にいて、日々目標を持って練習に取り組むことで
どんどんうまくなる感覚を知っているからです。

ケガをしたり、スランプだった時、
練習前と練習後に日誌をつけて日々できたこと、
次の練習で意識して取り組むことを書き込んでいました。

その時は日々できなかったことができるようになる感覚が
あり、練習が本当に楽しかった。
それは義務でもやらされるものでもなく、
明らかに自分のために練習の時間を活用していました。

部活動でも仕事でも一緒だと思います。
自分で選んだものでも、ずっと続くといつの間にか
当たり前になって、主体的に取り組む感覚が薄れてしまいます。

いわば練習のための練習になってしまう状態。

同じ時間使うのであれば、そこから得られるものを最大にしたい。
だから今の自分と未来の自分をイメージして目標を立てましょう。

目標設定にあたり、意識できるとよい考え方を紹介します。

心理学の動機づけ研究においては、Lockeが
「目標とは、達成に向けてまず行動することであり、活動の対象や、
照準を含む」と定義しました。

Lock & Lathamは目標による遂行および結果へ採用する因果過程を
以下4つの機能から説明しました。

第一に、目標は遂行を方向づける機能を提供する。
第二に、目標は遂行に対して増強機能を持っている。
第三に、目標は遂行の持続性に作用する。
第四に、目標は覚醒や発見、そしてタスクを解決する優れた方略を
    考え出し、それによって、間接的に遂行へ影響する。

具体的に目標を設定する際にはSMARTを意識しましょう。

■ Specific —テーマは具体的か
■ Measurable —定量的に測定できるか
■ Achievable —達成可能か
■ Result-based —成果に基づいているか
■ Time-oriented —タイム・フレームは意識されているか

それがゴールに向けてのコンパスになり、
自分が走りながら加速していく感覚が得られるはずです。

2011年4月17日日曜日

めんこい。

思い出に残る一言がある。
ずっと忘れられない響きがある。

おばあちゃんはよく言ってくれた。

「めんこいなぁ」って。

自分のルーツについて考える。

おばあちゃんは福島の人。

震災と直接関係はないけれど
自分にとっては大きな大きな出来事。

きっと心を痛めていたはずなのに、
最後の最後まで励ましてもらった。

「がんばんな」って。

だから全力で生きるって決めたんだ。

おばあちゃんの言葉を胸に刻んで。

2011年4月10日日曜日

体は外に、心は内に。

「内向きなんかじゃない」

そう思います。

昨日、一昨日と学生と話す機会がありましたが
図らずも連日「世界一周する」という言葉を聞きました。

一人の大学生はもともと国際的な仕事に興味があり、
本当に自分はそれをやりたいのか確かめるために
昨年インドに行ったそうです。

その結果、
「世界をもっと見たい、そして人に伝えたい」
と旅立つことを決意。

世界一周のプランをあるコンテストでプレゼンし、
見事優勝、世界一周航空券を獲得しました。

もう一人はバングラデシュでのボランティアを経験し、
ビジネスとして社会に貢献できる道を模索しています。

就職活動が終わったら、世界一周してその後のビジネス
にも活かしていくんだと話してくれました。

海外への留学生が減っていること=学生が内向き
というのは一つの仮説でしかありません。

世界を知ることは、留学だけが選択肢ではないからです。

海外でのボランティア、バックパッカーなど他の選択肢
を選ぶ人が増えているのかもしれません。

外に出て、自分の内面と向き合う。
そういった内向きのプロセスを経て、また新しい場所を
志向するようになる。

学生の話を聞いていて、ワクワクしながら思いました。

どんどん未知との遭遇を創っていきたい。
それはいつだって、何歳になったって、できる。