2011年10月18日火曜日

北京で再会

いってきました、中国。

10月7日に友人デーブの結婚式があり、北京へ。

デーブはアメリカ人。

上智大学に留学生として来ている時に
ラグビー部で一緒にプレーしてました。

現在は、香港で法律関係の仕事をしているようで
結婚式は新婦の出身地である北京で行うことに。

ということで、東の京から北の京へ。

もう一人、デーブと仲の良いラグビー部同期は
現在インド勤務、ニューデリーから飛んできて集合。

結婚式は金曜日の朝、教会で。



これは日本でもおなじみ、アメリカンスタイル。
写真の子どもたちは、親戚の子どもたちです。

その後、バスで披露宴会場に移動。
披露宴は中国式と聞いていたものの、違和感なし。

ケーキ入刀やビデオ上映、友人のスピーチなど。

あれ?あ、あれは違うぞ。

席の配置。

新郎新婦の両親席は最前列中央のテーブル。

そして。

デーブの友人はアメリカ人や日本人だから
みんな着ているのはスーツ。

でも新婦側、中国人のみなさんは普段着。

いや普段着というか部屋着といってもいい位の、
かなりリラックスできそうな服装。

おー、なるほどこれが中国式なのね。
まあ中華料理美味しいし、いいじゃないか。

???

あれあれ??

普段着の中国人のみなさんがいつの間にか
いなくなってる!!

どうやら、食べ終わったら帰るみたいです。

だから新郎新婦のあいさつが最初にあったのか。

クライマックスに向けて盛り上げていく、
場を締めるっていうのは日本流なんですね。

そういえば、日本語って最後に述語。
中国語は英語と同じで結論は先に、
の言語だからかなと勝手に分析、もとい、推測。

あと、八が縁起のいい数字ということで
結婚式の開始が10:08、披露宴開始は11:38。
夜のドリンクパーティーは21:08からという徹底ぶり。

まあ、時間設定はそうだけどその時間に
始まるわけではなく、大体遅れてましたが。

土曜日の夜にもディナーがあって、
中国人・香港人・アメリカ人・日本人と
入り交じって楽しい時間を過ごせました。

デーブ、ありがとう。そして、おめでとう。