2011年12月31日土曜日

深める探す2011

府中の実家で迎える大晦日の朝。
相当久しぶりだなー。大学生の頃以来かな?

2011年の振り返りで手帳を見たり、
フェイスブックやブログを見直したり。

ここ数年のうち、これほど長く充実させられた
一年はないな、と思う。

新しい出来事や発見がたくさんあったから。

小学生の頃、夏休みも一年もけっこう長かった。

それは日々新しいことを見つけて、
それを消化しようとエネルギーを使ってるから
なんだって。

だんだんと一度は経験したことが増えてきて、
そうするといつの間にか時間は速く過ぎ去る。

今年のテーマは「深める探す2011」。

一年間この言葉を忘れることなく、365日目。
今年の山頂から、登ってきた道を振り返ろう。

・上智大学次世代委員会の活動
・次世代キャリア白熱教室の主宰(3回実施)
・大人の運動会(企画・準備・運営)
・ビーチフットボール(チームFUSIONへの加入)
・学生の就活相談実施
・GCDF(キャリアカウンセラー資格)合格
・ニューヨークとワシントンD.C.へ両親を連れて行く
・北京で大学ラグビー仲間の結婚式に参加
・3.11後福島いわき出身の祖母が亡くなる
・9ヶ月後の陸前高田で希望の松と出会う

他に、数字で残っているものもある。

ランニング距離:307.1km(Nike+で計測)
Twitterフォロワー数:1260⇒1880
Facebookフレンド数:145⇒885

一年365日あると、本当にいろいろできるなー。

特に深められたんじゃないかと思うこと。

上智大学の学生と卒業生をつなげていくこと、
社外でもキャリアに関する相談やイベント開催、
大人の運動会で濃い仲間を得られたこと。

やっぱり人が好きだし、日本が好きだし。
仕事して誰かに喜んでもらえることがうれしいし。

自分に起こる全てのことには意味があって、
向き合ってぶつかれば誰かが応援してくれて、
きっと新しい扉が開けて。

2012年が楽しみで仕方なくなる。

2011年に関わった全ての人や物事に心から
「ありがとう」。



2011年12月25日日曜日

心に刻む3.11の記憶と希望の松

2011年も残すところ数日。
いつにも増して日々が過ぎるのを早く感じる。

今年のことを振り返る機会も多くなる。

そこで、絶対に忘れちゃいけないこと
そして、忘れたくないことに気づく。

3月11日のこと。

だからどうしても今年、自分の目で見て
自分の足で歩いて、感じたことを心に刻みたい。

そう思った。

12月23日、衝動的に東北新幹線に乗っていた。


一人で今行っても何ができるわけでもない。
そんな中ただ行くというだけで行っていいのか。

少しの迷いもあった。

最終的には、3.11を遠くの出来事のままで
自分の記憶にしちゃいけない、したくないと思った。

だから決めた。

「陸前高田に行って津波に耐えた一本の松に会う」

12月24日の朝、盛岡駅前からバスに乗った。
3時間30分ほど山道、雪道を走って陸前高田に到着。

丘の上のバス停から坂道を下って歩く。

そして見えてくるのは、巨大な工事現場のような光景。

ショベルカーと、コンクリートと骨組みだけの建物。

以前家がたくさん建っていたであろう場所は
今は田んぼのように、水がたまっている。



そして、見えてくるのはあの一本松。

高田松原で唯一生き残り、堂々と立っている。

思ってたより背が高くて、遠くからでも姿が見える。



奇跡の一本松とも呼ばれているけれど、
あまりにも当然のように、力強く存在している。



使命感を持って、何かを待っているような、
もしかしたら自分を待っててくれたのか。

そんな不思議な感じがした。

希望の松はたくさんの海水を吸ってしまって
長くは生きられないそうだ。

でも、人の記憶の中で生き続ける。

忘れずに、見上げながら前に進んでいこう。

2011は終わっても、3.11は終わらない。

【盛岡から陸前高田へのバスでの行き方】
盛岡駅前8番のバス停から朝7:10発の盛岡大船渡線
世田米駅前で陸前高田住田線に乗り継ぎ
鳴石団地前で下車、10:45着。
バス停から一本松までは坂を下って徒歩30分ほど。
帰りのバスは鳴石団地前15:50発、盛岡駅前19:20着。
料金は往復4,000円の割引乗車券あり。
※補足※
鳴石団地前のバス停近くにプレハブのローソンが
あるが、それ以外に寒さがしのげる場所はほぼない。