2011年4月30日土曜日

虹を渡れ

不思議な力に導かれることがある。

ゴールデンウィーク初日、いわきへ。

何年ぶりになるのだろう。
数回行ったことはあるはずだが、街並の記憶はない。

母は福島いわきで生まれ育った。
高校を卒業して東京へ。
その後、祖父母も東京に来ることになった。

だから、お盆も正月も帰省はしたことがない。

先日祖母が亡くなり、昔の写真を家族で見た。
自分にとって大事な場所であることを実感した。

きっと祖母も、以前に亡くなった祖父と一緒に
いわきに帰りたかったんだろう。

だから、どうしても行かなきゃいけないと思った。

聞き慣れた地名、懐かしさを感じる話し方。
一方で港の近くでは、くっきりと津波の爪痕。

そして雨。

空と山と、大きく半円を描く虹。
ああ、このためにここに来たんだ。

架け橋は、ちゃんとある。

0 件のコメント:

コメントを投稿