2010年5月16日日曜日

楽しい同窓会にて思うこと

今日は心理学科の同窓会に行ってきました。

卒業以来会ってなかった人が多く、相当久しぶりなんですが
同窓会の会場が大学内、心理学科の図書資料室だったこともあり
違和感なく、昔に戻ったような感覚で時間を過ごすことができました。

結婚をしている人が多く、主婦になった人や、二人こどもがいて
ちゃんと産休・育休をとって復帰した人などさまざまです。

進学した人たちはちょうど博士課程を満期退学のタイミングで
大学講師や教育機関、研究所や医療機関ではたらきながら
博士論文を書くそうです。
(博士号は博士課程の単位と博士論文が認められる必要があります)
仕事は研究室の先輩などから紹介されるケースが多いようです。

あらためて、女性が結婚・出産後も復帰しやすいような社会にすること、
大学院・博士課程など学問を追究する人たちが活躍できる場の幅を広げ、
見つけやすくしていくことが大事だなと感じました。
国という立場からも「人を活かす」観点がもっと必要になるはずです。

今日はZapposという会社について書こうと思っていたのですが
同窓会で思ったことを書きたくなってしまったため、次回に。

0 件のコメント:

コメントを投稿