2010年5月9日日曜日

点は激流で拾い集める

今日はいい天気でした。

夏のようで、毎週日曜日午前中に行っている皇居ランニングでも
かなり汗をかきました。

最近思うのは、習慣の力はすごいなということです。
新しいことをはじめようとするときには、
定期的に決まった時間にやることがポイントです。
最終的にはその時間になると、多少の葛藤があるにせよ
なんとなくやらずに過ごすと気持ち悪いということになります。

ということでブログも継続して書いていこうと思います。

最近読んだ本で『日本型キャリアデザインの方法』の中の話です。

ビジネスパーソンのキャリアが「筏下り」と「山登り」に
たとえられていました。
10年~20年は筏下り、自分が目指す専門領域を見つけて山登り。
そして、迷ったら筏下りは激流を選ぶ。

これはスティーブ・ジョブズが言うところの『点』を多く作る
ということなのかもしれません。
今自分がやっていることが将来にどうつながるのかわからなくても
いつか振り返ったときに重要な『点』になっているということです。

ジェットコースターも位置エネルギーだけで走り切りますが
最初の落ち方が大きいジェットコースターは長く、高くまで
走ることができます。

そうは言っても、ただ激流を流されれば良いということではなく
その中で自分が得意なことや、どんなことに価値を見いだすか、
そして何をやりたいと思うか、
考えていくことで目指すべき山が見えてくるんだと思います。


追記
先日、お客様よりオススメのテレビ番組を教えてもらいました。
『ハーバード 白熱教室』というハーバード大学でもっとも人気のある
授業をテレビで見ることができるという画期的なものです。
テーマは哲学ですが、おもしろかったです。
教授が言っていることを理解しようと一生懸命聞いていたのですが
相当頭を使わないとわからず、脳のトレーニングになりそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿