2012年3月13日火曜日

三人の素敵な仲間たち


どうやら、一人の日本人と二人のイギリス人らしい。


何のことかというと、前世であり今の守護霊。

初めて本格的占いを体験しました。

3月10日に友人が一緒に行くはずだった人のキャンセルがあり、
興味本位で突撃。


何せ初めてなもので、勝手がわからず。


まず紙に氏名と生年月日を書く。


占い師さんはその紙を見て、
手をかざしながら何やら読み取っている気配。


「じゃあ、話すからメモを取りながら聞いて」と言われ身構える。

どきどき。



一人目は…



「日本人の女性。4年前に来たみたい。
長崎、島原あたりの隠れキリシタン」

(これはどうリアクションしたらいいのかな。)


「信仰を表に出せないから、秘密主義のところがあるね」


「慈悲深く優しいんだけど、あんまり人には見せない」


「総じて自分を出すことが苦手なようだけど、信用すると深いつきあいになる」


(へー、そうか。まあ当たってるような気もするし、そうでもない気もする。)



二人目は…



「イギリス人の男性。2年前から。
宮殿にある牢獄の看守さんかな」


(イギリス人!そういうこともあるのか。
そう言えばイギリス行ってたな。)


「捕らえられているのは政治犯とか革命家のような人」


「その人を応援したい気持ちがあるんだけど、
役割があって葛藤してる」


「だから自由が無い場所を嫌ってて、
やりたいことをやろうと思ってる」


(な、なるほど。
そういうところは昔からあるかもしれないな。)



三人目は…



「イギリス人の男性。この人は3年前から。
船大工さんだよ」


(えー?またイギリス人、そして船大工!
フランキーみたいな人かな。)


「5人位の職人仲間の中で、
一番重要なエンジンの部分を任されてるね」


「親方が事故で亡くなっちゃったから、
突然5人組のリーダーに抜擢された」


「それでも無理とは言わずに、
自分のやり方でやってみようと思う人だよ」


(船はいいよね。旅を連想するし、
というかワンピースのイメージ強すぎ。)


「だから少人数はいいけど、
あんまり大人数の組織には合わないよ」


(おおー、何か核心をついてきてるな。
うんうん、そこはありますねー。)


「しかも船が出て来てるから、
一つの場所には留まらずに転々とするよ」

(そっかー。
だからバックパッカーも好きだしって、
よくわかりますね!)


「大体の夢は叶うから、
言葉にしてどんどん人に伝えた方がいいよ」



共感。

それは普段思ってることだし、
このまま進めばいいってことか。

迷わず行けよ、
行けばわかるさって言葉がぴったり。


その後残りの時間でタロット占いもやってもらったけど、
ここでは省略。


何事も体験。

おもしろかったし、
結局は自分でコントロールすべきこと。


強い意志や想いには重力があって、
何かをひきつけるような気がする。


ということで、
社会人7年目の最後の月を走り切ろうと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿