2009年12月12日土曜日

革命が好きらしい

どうやら自分は革命が好きらしい。

久しぶりのコメントで、何を書こうか、
でも開いた以上何か書きたいと思って
最後の書き込みから今日まで振り返ってみたときに
昨年は『水滸伝』にはまっていて、
2009年になってチェ・ゲバラの映画を観て
ついに今年の夏にはキューバに行ってきた。

どうして革命に魅かれるんだろう。

当たり前のことが当たり前ではなくなり、
それでも普遍的な正しさを求め、
答えがなくなる瞬間、その不可思議さかもしれない。

キューバにはマクドナルドもないし、
スターバックスもスーパーマーケットもない。
それでも、だからこそ、
音楽が溢れているように感じられた。

0 件のコメント:

コメントを投稿