2010年12月15日水曜日

選択と決断

今日は振替休日です。
太陽の光と、澄んだ空気で心身引き締められます。

前回から少し空いてしまいましたが、
12月3日〜5日で韓国に行ってきました。

短い滞在でしたが、韓国の大学生たちと話をしたり、
留学している大学の後輩と再会できたりと、
充実した時間を過ごせました。

今回は、キャリアカウンセリングの際お話する
【Can】【Want】【Must】の三要素を紹介します。

【Can】やれるかどうか
【Want】やりたいかどうか
【Must】やるべきかどうか

特に転職という場合であれば、【Can】の棚卸しから、
【Want】や【Must】との距離やギャップを認識し、
戦略を立てていくことになります。

この考え方については、リンクアンドモチベーション代表の
という本の中で紹介されています。

この本は神戸大学教授の金井壽宏さんと共著であり、
組織やモチベーションについての学問的見方と
ビジネスの現場での見方と両方の視点からの紹介があり、
自分自身、大学・大学院での研究を思い出し、
興味深く読むことができました。

仕事選びに関わらず、人は選択と決断の連続で生きています。
目の前にあるものを選ばない、という選択もあります。
その際に何かの可能性を広げる一方で、何かの可能性は
狭まる、あるいはなくなるということも起きています。

自分が過去どういった選択や決断をしてきたのか、
その理由は何だったのか、そこから判断軸が見えてくると、
過去—現在—未来がつながる感覚が持てるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿